婚約指輪ってなに?結婚指輪との違いは?

婚約指輪に関する主な特徴

ゴールインしたい相手と巡り合ってプロポーズを決断した時、 結婚に向けての準備、あるいは常識についてわからない事が多いことを感じる声も多いです。 ひとつの例として、指輪に関しては男女ひとつづつでなく、女性の方に2つ、そして男の方に1つが普通であること、或いは 結婚指輪及び婚約指輪では選択方法が異なってくることなどあります。 一般的に考えて、プロポーズする場合に男性の方から女性の方に婚約指輪を贈って、結婚した後はペアの結婚指輪を付けます。 婚約指輪につきましては、男性の方より女性の方にプレゼントする愛の表現ということになります。 そして婚約期間が終了し、夫婦になった後も特別なタイミングなどに一生涯付けられるような仕上がり具合が良いゴージャスなデザインの指輪をプレゼントするのが、婚約指輪の定番といわれています。

結婚指輪の特徴と婚約指輪との相違点

近頃の婚約指輪の平均価格は30万から40万で、結婚指輪と比べて割高な金額の指輪を購入することが通例です。 ダイヤモンドがちりばめられているものが多く、婚約指輪の多くはダイヤモンドを活用しています。 ダイアモンドには、硬くて永くキープされる愛といった主旨が込められています。しかし、ダイヤモンドでなければならない取り決めはありません。 誕生日石であるとか、ほかの宝石を婚約指輪に活用している人も少なくありません。一方、 結婚指輪については、パートナーそれぞれが日常身に付ける指輪になります。相場に関しては、二人で20万円くらいです。二人の想いが秘められた指輪ですから、常時付けられるような、シンプルなデザイン性を選択すると賢明でしょう。